葬儀・葬式のマナー

葬儀・葬式マナーや常識

今では、インターネットが普及したおかげで、分からない知識は全て手軽に調べられるようになりました。 葬儀・葬式に関するマナーも、検索サイトで「葬式 マナー」と検索すれば葬式・マナーに関するいろいろな情報がすぐわかる時代になりましたね。
しかし、葬儀・葬式に関しては、昔からのしきたりやマナーが根強く残っていてインターネットだけでは分からない細かいマナーやしきたりも多々あります。
特に、田舎のほうへ行けば行くほど、都会の方には、「えっそうなの?」って思うようなマナーもあります。東京や埼玉での葬儀だとそこまでの差はありませんが、田舎のほうへ行けば行くほど葬儀・葬式のマナーに関して色濃く残っているように思えます。
昔から、葬儀・葬式のマナーは年配者から教えてもらって覚え、またそれを次の世代の子供や孫に引き継がれてきたのです。

しかし、都市部のほうでは、大掛かりな葬式ではなく密葬や家族葬が増えているのも事実です。
家族だけで見送りたいというのもあるとは思いますが、ご近所付き合いや近隣とのつながりが薄くなってきている現代社会では、これもまた仕方のないことなのかもしれません。
また、現在は葬儀社の数も豊富で、ホールの設備も充実していますから、「もしも何かあった時はここで」と決めている方もいると思います。 ホールで行う葬儀は、葬儀社が段取りを進めて下さいますから、 分からなくても無事に終わることが出来るでしょう。 世話係も、簡単なお手伝いをするだけで済みますから、昔と違って葬儀・葬式のマナーに詳しい方は少なくなってきているのではないでしょうか。
葬式の段取りに葬儀社がやってくれるので詳しくなくても、 葬儀・葬式に関する服装や言動のマナー、又和装、着物や小物関係のマナーは最低限覚えておかなければなりません。
インターネットを活用してもいいでしょうし、葬儀のマナー本を一冊持っておくのもいいですね。 身内やご近所に年配者がいらっしゃれば、その方たちから聞いてみるのもいいでしょう。おばあちゃんの知恵袋という言葉があるように、自分達が知らないマナーやしきたり等も知っていることが沢山ありますので、年配者の助言は聞いておいても損は無いでしょう。
こちらのサイトでも最低限知っておきたい葬儀・葬式のマナーや常識に関する情報をご紹介していきますので、当サイトが皆様のお役立ていただければ幸いです。

お葬式をあげる理由

なぜ人がなくなった時にお葬式をあげるのか?と普段考えることはなかなかないかもしれません。人が亡くなってしまうなんて考えもしないので、普通はそうでしょう。しかし、ふと考えてみると、お葬式にはいろいろな意味合いが含まれているのに気づくでしょう。

・心理的観点
やはり死とは不条理なもので受け入れがたいものだが、どこかで決別をしなくてはいけない。その区切りの儀式として行う。また、別れに際して何かをしてあげたいという心の拠り所として葬式をあげる。
・宗教的観点
亡くなってしまった死者の霊をなぐさめる意味の儀式として行う。
・物理的観点
ご遺体を火葬(土葬)することで、視覚的に去りゆく者との決別を行う。
・社会的観点
死亡届けを出すなどの一連の行政手続きによって、社会の中で生きていた者が、社会の中の一員からいなくなる手続きを行う。

近年、価値観の多様化、宗教ばなれ、メディアの影響や、諸事情があって、無宗教形式や火葬のみ(荼毘葬)で見送られる方も増えてきました。

それらは、故人の遺志であったり、よくよくのお考えや、状況を鑑みてのことだと思われますので、一概にはいえるものではありませんが、どんな形でもお葬式をあげるというのは、一つの心の区切りをつけられます。故人に最期にしてあげれたと、自分の心のどこかに納得させられるものとして理由付けができるものがお葬式をあげる理由でしょう。

また、お供え物、墓花、お葬式などにしきみはいかがでしょうか?新鮮なしきみをタイプ別に販売しておりますのでぜひご覧下さい。

おすすめWEBサイト 5選

婚約指輪
パーソナルトレーニングを名古屋で考える
文京区 土地